男性型脱毛症のことです。
 AGAは進行性ですので、何もしないでいると症状は徐々に進んで行きます。抜け毛の原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生産を抑えることで抜け毛の進行を遅くし、現状を維持することも効果的治療のひとつです。
当院ではプロペシア錠を処方し、抜け毛・薄毛の進行を遅らせる治療を行っております。効果の目安は抜け毛が減ったかどうかで判断しますが、一般的には6ケ月くらい服用してから判断します。
プロペシア錠は1日1回の内服薬ですので、直接頭皮に付けるタイプの育毛剤を同時にご使用いただくことが可能です。
「そろそろ頭髪が気になり始めた」…早目の治療開始が効果的です。



   初診 + プロペシア錠(28日分 ) 10,000円(税別)



Copyright:(C) 2004 - 相模大野整形・形成外科